height=12モロカイ観光 TOP  height=12HOME なんにもないけど心はHappyを楽しむ島  
=モロカイ島の見所=
-Central- 
1.Kaunakakai Town
2.Kaunakakai Landing Pier
  (カウナカカイ桟橋)
3.Kapuaiwa Coconut Grove
4.One Alii Park
-East-
1.St.Joseph Church
2.Our Lady of
  Seven Sorrows Church

3.Twenty Mile Beach
  (Murphy's Beach)
4.Halawa Valley
5.Halawa Beach Park
-North- 
1.Hoolehua Airport
2.Kalaupapa Overlook
3.Phalic Rock
4.Waikolu Lookout
5.Coffees of Hawaii
6.Moomomi
-West- 
1.Kaluakoi Resort
2.Maunaloa Town
3.Molokai Ranch
4.Hale O Lono Harbor
5.Kepuhi Beach
6.Papohaku Beach
7.Dixie Maru Beach

 

 

 


◆◇sightseeing◇◆
=Molokai=


 

ハワイ原住民の比率が一番高く、ハワイで5番目に大きい島。
東西の幅は約61km、南北の幅は約16km。1976年にドールが撤退してからは、牧畜も衰退し厳しい時代を迎える事となりました。

モロカイ島の愛称は『フレンドリーアイランド』。
素朴で何もないを楽しむ島です。
荒野の広がる大地は想像を遥かに超えた壮大な風景です。

Central(カウナカカイ周辺)

島の中心地「カウナカカイ」。カウナカカイ・タウンは島一番の街。
フレンドリーマートやミサキズなど、生活に必要なスーパーもここにあります。
この辺一帯は街に近くて便利ですが、海は浅く濁りがちで遊泳に適さないビーチが多いです。

East(ワイアルア、ハラワ方面)

20マイルビーチとして有名な「マーフィーズ・ビーチ」や「ハラワ渓谷」など見所も多し。

ジェネラルストアはセント・ヨセフ教会の先、プコオにあるネイバーフッド・ストアのみ。
お昼はカウナカカイのお店でテイクアウトするかおにぎりでも持参するべし。

North(ホオレフア、カラウパパ、ワイコル地区)

モロカイの玄関口ホオレフアは迎えてくれる看板が温かいです。
ハンセン病患者の隔離地として、悲しい歴史を持つカラウパパ半島を望むカラウパパ展望台は、モロカイに来たなら一度は訪れたい場所。
16才以上ならば、カラウパパ半島をミュールライドや小型プロペラ機等で訪れる事もできます。

ワイコル展望台は狭いオフロードの山道を小一時間登って行った所にあります。
その分眺めも素晴らしいですが、運転に自信がなければ現地のツアーに参加すると良いでしょう。

この地区のお買い物はコーヒーズ・オブ・ハワイまたはその先480号線沿いにあるクアラプウ・マーケットへ。

West(マウナロア、カルアコイ地区)

モロカイ一番のリゾート地「カルアコイ」。

リゾート内にはお店が無いのがちょっと不便ではありますが、何もかも忘れてのんびりするには最高。素晴らしいビーチとサンセットが歓迎してくれます。

West地区のお買い物はマウナロアへ。
といってもお店はジェネラルストアと数件しか営業していません。
ジェネラルストアも日曜はお休みなので、週末は余裕を持って買い出ししておきましょうね。

top

 

 

Copyright (C) We Love Hawaii!
All rights reserved